2013年09月09日

美しいフランス語をライフスタイルに取り入れる

Angers.jpg


 私は昔短大でフランス語を専攻しながら、40日程パリとアンジェという地方に短期留学していました。


 何故私がフランス語を専攻したり、フランスに短期留学したかというと、フランス語の美しい響きや美意識溢れるフランスの文化にたくさん触れて、自分のライフスタイルに少しでも取り入れたかったからです。


 フランス語を学んでいて発音がすごく難しいという感じがありましたが、それでも少しでも新しい単語やフレーズを習得していきながら、実際に私生活に活用していくと言い知れぬ喜びのようなものが生まれたのです。


 どんなきつい口調の人でもフランス語を話していたら、自然と穏やかな口調になってくるのではないでしょうか。


 それだけの気品と穏やかな雰囲気がフランス語には備わっているのです。


 短大を卒業してからもう20年以上の月日が経ちましたが、私はまだちゃんと昔学んだ事を少しは覚えています。


 たまに私生活でフランス語を耳にしたり目にする度に、またフランス語を学んでみたいなと思うのでした。


 最近はフランス語検定も5級(大学で1年間フランス語を学習したレベル)から受験できるので、もう一度フランス語を学びながら5級レベルからでもチェレンジして、またフランスへ訪れてみたいと思いました。


 
追伸:

独学でフランス語を上達させたいなら、こちらのサイトをぜひご覧になって下さいね。

網野式・動詞フォーカスフランス語入門



posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 18:40| Comment(0) | フランス語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。