2013年09月28日

フランス語の勉強方法

フランス語を勉強するときに一番大切なことは、発音をマスターすることです。


発音がわからないと言葉が上手く伝わらないし、リスニングもできません。


フランス語の発音をマスターするには、26個のアルファベットを正確に発音する必要があります。


26個のアルファベットの組み合わせから発音がなっているからです。


フランス語の発音は英語とは違うので、英語が話せる方もフランス語の発音を一から勉強しましょう。


単語や文法は一冊の本で勉強するのがおすすめです。


人間の脳は忘れるようにできていて、重要でないものは忘れてしまいます。


フランス語は話せなくても命に関わるようなものではないので、すぐに忘れてしまいます。


記憶に定着させるには、復習が大切です。


何度も同じ本で同じ内容を学習することで記憶に定着しやすくなります。


何度も何度も同じ本で同じ単語を書いたり発音し、同じ本の文法解説を読んで記憶に定着させましょう。


本が擦り切れるくらい勉強できるといいですね。


五感を使うと記憶に残りやすくなります。


フランス語を書いて勉強するだけでなく、話したり聞いたりして勉強すると記憶に残りやすくなります。


チャットを利用してフランス人と話したり、フランス語の映画を観るのもいいでしょう。


なお、フランス語を自宅でマスターする効果的な勉強方法について詳しく知りたければ、こちらのサイトをぜひ参考にしてみて下さい。


        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


本物のフランス語を身につけるなら!網野式・動詞フォーカスフランス語入門講座 ネイティブ音声付き・メールサポート付





【関連する記事】
posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 17:15| Comment(0) | フランス語 勉強方法 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。