2013年09月28日

フランス語の名詞の特徴 − 名詞に性がある

フランス語を学び始めると、日本語や英語との違いに戸惑いを覚えることもあるかもしれません。


たとえば、フランス語の初学者が先ず驚くのは、名詞に性があることでしょう。


本稿では、こうしたフランス語の名詞の特徴について簡単に解説します。


英語の名詞との比較において、フランス語の名詞の最も際立った特徴は、先述の通り、すべての名詞に男性名詞・女性名詞といった区別があることでしょう。


たとえば、「homme (男性)」は男性名詞、「femme (女性)」は女性名詞です。


この例のように、自然性から文法上の性を容易に推測できるものもありますが、大半の名詞にはそもそも自然性がありません。


このため、フランス語の名詞を覚える際には、その性を合わせて覚える必要があります。


フランス語の名詞には英語の名詞との共通点もあります。


先ず、可算名詞と不可算名詞の区別があり、可算名詞の場合、単数と複数の区別があります。


また、冠詞が存在する点も共通しています。


ただし、フランス語の冠詞には、不定冠詞と定冠詞の他に、英語にはない部分冠詞があります。


さて、フランス語の名詞の特徴を簡単に見てきましたが、英語よりも覚える事項が多くて大変だなと感じた人も多いかもしれません。


しかし、たとえば名詞の性については、名詞と冠詞を組み合わせて覚えればよく、フランス語の名詞を覚えるのは思ったよりも苦にはならないと思います。


しかも、対応する英語の名詞と綴りが似ている名詞も少なくありません。


名詞の性などは、初学者がつまずきがちな点かもしれませんが、これを乗り越えると豊穣なフランス語の世界が見えてくると思います。


頑張りましょう。



P.S.

フランス語の教材をお探しなら、こちらのサイトをぜひご覧になってみて下さい。

網野式・動詞フォーカスフランス語入門






posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 17:20| Comment(0) | フランス語 名詞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。