2013年09月14日

まずは先入観を捨てて、フランス語を勉強してみましょう。

日本で人気のある語学の一つにフランス語があります。


英語に続きその認知度は高く、現在、語学の勉強の為にフランス語を勉強しているという方も沢山いらっしゃる事でしょう。


フランス語を習っている方の中には、芸術性豊かな文化を持つフランスに将来住みたいと思っている方や、日本とフランスの企業間で仕事をしたいとおもっている方も多いと思います。


今回はそんなフランス語について少しふれてみたいと思い、フランス語の話せる友人に話を聞いてみました。


まず、フランス語は難しいと言うイメージがありますが本当にそうなのでしょうか。


これはあくまでも私の友人の意見ですが、英語に比べれば難しいかもしれないけれど、他の外国語と比べて特に難しいとは思わないそうです。


結局のところ、難しいというイメージが先行してしまっているのではないでしょうか。


私達の日本語も外国の方からみれば、かなり難しいようですし特別フランス語が難しいという訳でもなさそうです。


どんな語学にも慣れがあり、先入観を持たず、まずは触れてみる事が大切だと思います。


あまり知られてはいませんが、フランス以外にもフランス語が通じる国も結構あるようです。


興味のある方は、フランス語を一度勉強されてみてはいかがでしょうか。


なお、フランス語を自宅で勉強するなら、こちらのサイトがオススメですよ!


          ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


網野式フランス語上達レッスン



posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 21:00| Comment(0) | フランス語 | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

美しいフランス語をライフスタイルに取り入れる

Angers.jpg


 私は昔短大でフランス語を専攻しながら、40日程パリとアンジェという地方に短期留学していました。


 何故私がフランス語を専攻したり、フランスに短期留学したかというと、フランス語の美しい響きや美意識溢れるフランスの文化にたくさん触れて、自分のライフスタイルに少しでも取り入れたかったからです。


 フランス語を学んでいて発音がすごく難しいという感じがありましたが、それでも少しでも新しい単語やフレーズを習得していきながら、実際に私生活に活用していくと言い知れぬ喜びのようなものが生まれたのです。


 どんなきつい口調の人でもフランス語を話していたら、自然と穏やかな口調になってくるのではないでしょうか。


 それだけの気品と穏やかな雰囲気がフランス語には備わっているのです。


 短大を卒業してからもう20年以上の月日が経ちましたが、私はまだちゃんと昔学んだ事を少しは覚えています。


 たまに私生活でフランス語を耳にしたり目にする度に、またフランス語を学んでみたいなと思うのでした。


 最近はフランス語検定も5級(大学で1年間フランス語を学習したレベル)から受験できるので、もう一度フランス語を学びながら5級レベルからでもチェレンジして、またフランスへ訪れてみたいと思いました。


 
追伸:

独学でフランス語を上達させたいなら、こちらのサイトをぜひご覧になって下さいね。

網野式・動詞フォーカスフランス語入門

posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 18:40| Comment(0) | フランス語 | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

フランス語が話せるメリット

フランス語が話せるメリットとは何でしょう。


英語を話せる人は周りにたくさんいると思います。


自分よりも英語の発音がよく上手く話せる人がいると、英語を話すのが恥ずかしくなってしまうことがありませんか。


フランス語を話せる人は、周りにいますか。


たぶんいないと思います。


フランス語が話せる人がいないと多少発音が悪くてもそれがわからないので、自慢げにフランス語を話すことができます。


発音が悪いことにコンプレックスを持ちません。


コーヒーを機内で頼むとき、隣の人が「アン カフェ スィルヴプレ」なんて言ったらかっこいいと思いませんか。


英語だったら「コーヒープリーズ」と多くの人が知っている言葉で、それほどかっこいいとは思いません。


フランス語が話せるだけで、突然隣に座っているおじさんが紳士的に見えたりします。


「ショコラ」「メゾン」など一般的に知れ渡っているフランス語はたくさんありますが、この他にも街中にフランス語が溢れています。


それらの意味を友人に解説したら知的に見られることでしょう。


フランス語を勉強していることが知れ渡り、「話して」とお願いされるかもしれません。


簡単なフレーズをしゃべって、素敵と言われるかも知れませんよ。


フランス語がしゃべれると、かっこよく見えたり自慢できます。


なお、フランス語を自宅で勉強するなら、こちらのサイトを見てみて下さい!


     ↓  ↓  ↓


網野式フランス語入門


posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 00:51| Comment(0) | フランス語 | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ラテン系言語、フランス語

フランスに留学していて感じるのは、

日本や中国など、アジア系の学生と比べて、

スペイン人やイタリア人、ラテンアメリカ系の学生は

かなり早く上達している!ということ。



同じ「ボンジュール」からのスタートだったのに、

半年後、なんとか日常生活ができるようになってきたアジア人に対し、

彼らは既に大学院にも入れるレベルになっていたり。



聞いてみると、その秘密は言葉のルーツにあるのだとか。

フランス語は「ラテン系言語」に分類され、

起源はラテン語。つまり、ローマで話されていた言葉です。

ラテン語は、人の移動などとともに、時間をかけて

フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語となっていったそう。



そんなわけで、ラテン語系言語では、言葉は違っても

文法が似ていたり、同じような単語が使われているようです。



もともとスペイン語を話せる人はフランス語もイタリア語も

簡単に話せるらしい!と思うと、非常にうらやましいですねぇ・・・!!



そういえばこの間、フランス人とイタリア人が会話をしている場面に遭遇。

よく耳を澄ませてみると、なんと彼ら、

それぞれフランス語とイタリア語を喋っていました!

片方がフランス語で質問すると、相手はイタリア語で回答し、

それでもお互いちゃんと理解してるという。



日本ではあまり見かけない、不思議な光景でした。



なお、フランス語の学習ならこちらの動画をご覧になってみてください。


フランス語の発音と会話が上達。10ヶ国語プロ翻訳者【網野式・動詞フォーカスフランス語入門】公式 フランス語講座


posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 11:00| Comment(0) | フランス語 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。