2013年09月12日

誰がフランス語を学ぶべきか

フランスでは近年日本がブームである。


特に文化的な交流が盛んであり、日本料理はもちろん、日本の漫画やアニメ、そこから派生する弁当文化にまで注目が集まっている。


こういったものに注目する人たちが日本語をアニメや映画などから学ぶようである。


日本に翻った時に誰がフランス語を学ぶべきだろうか。


私は料理に関わる人間はもっとフランス語を学ぶべきだと思っている。


マリネ、キャラメリゼ、ソテー、ビスク…これらの単語は日本で日常的に使われているフランス語であり、料理については多くの単語がフランス語から日本語に取り込まれてきている。


新しく言語を学ぶときに重要になってくる知識の一つが語彙である。


また何を学ぶかということも語学学習においては非常に大切なテーマである。


その点ですぐれた料理人たちには料理を学ぶ気持ちと日常的に使われるフランス料理の語彙が両方揃っている。


コミュニケーションを取るべき内容も、最低レベルの語彙力は日本で過ごすうちに身についているのだ。


フランス語を学習する際にこんなに有利なことはない。


料理人はフランス語を学ぶことでより多くのフランス料理の知識を日本にもたらし、フランスに日本料理の技術をもたらすこともできるだろう。


そしてフランスでも日本ででも自分の腕と言葉があれば、どちらの国ででも好きなことを仕事として成功することができるだろう。




posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 00:45| Comment(0) | フランス語 学ぶ | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

フランス語を学んだことがあります

フランス語を学びたいと思う人は多いでしょう。


エッフェル塔、パリジェンヌ、クロワッサンにカフェオーレ…。


フランスは日本人から見て、イメージのいい国だし、フランス映画もオシャレ。


私もご多分に漏れず、フランス語を勉強したことがあります。


もうかれこれ20年ぐらい前の話ですけど。


大学受験に失敗して、1年間浪人しました。


これから長い受験生活…。


なにか気晴らしになるものはないかなと思って、NHKのラジオ講座を聞くことにしました。


たしか1日20分で、6か月の講座です。


これを5か月ほど続けました。


最後のほうは文法も難しく、また受験勉強も忙しくなってきたので、最後の1か月でギブアップしてしまいました。


ただし、ここで習ったことはいまだに覚えていて、たいしたことではありませんが、ホテルやレストランでの会話なら、どうにかなります。


フランスに行ったときも、日本から直接電話をかけて、ホテルの予約をしました。


まだインターネットが普及する前の話ですけど。


フランス語は、発音しない文字とか、リエゾンが難しいですが、英語と同じ語源の単語が多いので、それほど敷居は高くありません。


それに、鼻に抜けるフランス語独特のRの発音は、英語のLやRよりも、ずっと発音しやすいし、日本人も習得できると思います。


というわけで、フランス語は思ったよりとっつきやすい言語です。



追伸:

フランス語を自宅で勉強したいなら、こちらのサイトをぜひご覧になって下さい。

         ↓  ↓  ↓


【ネイティブ音声付き・メールサポート付き】網野式・動詞フォーカスフランス語入門


posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 21:00| Comment(0) | フランス語 学ぶ | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

フランス語を学ぶ動機と学び方

言語を学習する時の最大の動機は、自身の興味や関心の対象であるということだと思います。仕事上の都合などで必要に迫られて言語習得を目指す人もいますが、興味を持っている言語の方が習得は早いです。



昔はフランス映画を字幕なしで見たいという願望からフランス語を学ぶ女性が意外とたくさんいました。日本人にとってフランスの映画はオシャレで憧れの対象だったのです。



フランスは元々芸術に対してとても造形が深い国です。フランスから始まった芸術文化もとても多く、今も芸術分野の切磋の為にフランスに留学する人であふれています。フランスで学べる芸術はとても幅が広く、音楽や絵画だけでなくファッションについても学ぶことが出来るのです。



おそらくそういう芸術に対する背景があるが為に、フランスの映画はとてもオシャレなのでしょう。そこに憧れを持った女性がフランス語を学習してみたいと思うくらいには別世界を醸し出しているのです。



これまでフランス語に触れたことのなかった人がフランス語の学習を始めるなら、ネイティブな講師がいる語学学校に通うと良いと思います。フランス語の発音は日本人にとってあまりなじみが深くありません。正確な発音を身に付けるには、やはりネイティブに習うのが一番です。



また、実はフランス語はとても難しい文法を持っているのです。独学で学習してしまうと間違った文法を身に付けてしまう可能性があるので、きちんと講師に付いて教わった方が無難です。

posted by フランス語会話上達法アドバイザー at 20:00| Comment(0) | フランス語 学ぶ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。